赤い羽根共同募金のご協力有難う御座いました

今年も10月1日より赤い羽根共同募金が始まり、馬絹町内会もこの趣旨に賛同し、10月3日宮前平駅及び宮崎台駅に於いて募金活動を行いました。

10月1日より赤い羽根共同募金が始まりました。

馬絹町内会も、この趣旨に賛同し、10月3日宮前平駅及び宮崎台駅に於いて募金活動を行いました。

お子さんからお年寄りまで、皆様の温かいお心に感謝します。お預かりした浄財は共同募金会を通じ、社会福祉協議会、団体に寄付されます。

ご協力ありがとうございました。

第一回 桃花まつり

宮前第3地区社会福祉協議会(=第3社協 浮岳堯仁会長)主催の 桃花まつり が開催されました。

宮前地区会館に於いて9月4日 桃花まつり が開催されました。この様な催しは地域では始めての試みです。

会場では、健康度チェック、歩き方教室、福祉機器展示、介護、栄養等相談コーナーが設けられ、120名ほどの参加者は自身の体の状態を測定し、専門家のアドバイスに真剣に耳を傾けておられました。

第3社協をはじめ馬絹、小台、大塚の各町内会、民生委員、関係団体の協力により大盛況で終了しました。

第68回社会を明るくする運動

「第68回社会を明るくする運動」は、宮崎中学校、宮崎小学校の先生方や父兄の方から生徒達の様子が報告され、社会を明るくする身近な意見交換が活発に行われました。

法務省主管の「社会を明るくする運動」の馬絹地区ミニ集会が、8月25日、馬絹地区会館に於いて開催されました。

保護司会、社会福祉協議会、民生委員会、小・中学校、馬絹町内会の関係者ほか地区住民の方々など、多数の参加がありました。

集会のテーマである「明るく住み良い社会」にする為に、関係者から事例をまじえお話があり、その中で、宮崎中学校の校長先生からは社会勉強として生徒が共同募金で社協の方と一緒に駅頭に立ち参加しました。また、宮崎小学校の父兄からは、挨帽(アイボウ)運動を推進しており、子ども達に挨拶をしっかりする様に指導しているので、声をかけるときはおはようございますと、『おはよう』だけでなく『ございます』をつけると子ども達から返事が返ってくるようです。そして、一年生から六年生までの生徒が宮崎小学校シンボルである黄色い帽子をかぶる様になりました。

その他、交差点での見守り隊の活動報告、ゴミの不法投棄、街灯の設置、詐欺の手紙等の問題点について活発な意見交換が行われました。

赤い羽根共同募金2017《10月1日~12月31日》共同募金会宮前区支会

10月3日に宮前平駅、宮崎台駅で街頭募金活動を行いました。

馬絹町内会では10月3日に宮前平駅、宮崎台駅で4時間に亘り、街頭募金活動を行いました。改札口付近で皆様にご協力をお願いし、お子様からお年寄りまで沢山の温かいご支援をいただき、ありがとうございました。

募金頂いたお金は、共同募金会を通じ、社会福祉施設、団体に寄付されます。

 

「第67回社会を明るくする運動」は『振り込みサギ』にご注意

「第67回社会を明るくする運動」は、宮前区で起きている振り込みサギの実態が報告され、社会を明るくする身近な意見交換が行われました。

法務省主管の「社会を明るくする運動」の馬絹地区ミニ集会が、8月26日、馬絹地区会館に於いて開催されました。

保護司会、社会福祉協議会、民生委員会、小中学校、馬絹町内会の関係者ほか地区住民の方々など、58名の参加がありました。

集会のテーマである「振り込めサギの実態」について、宮前警察署の方の話で、宮前区で毎日事件が起きていて 、すでに今年になって34件の被害にあっていることが報告されました。

会場はどよめき、サギの手口、だました金の回収方法、更に犯人は複数で、色々な演出で被害者を信じ込ませるテクニックなど、生々しい情報が聞けました。

⦅解かっていてもサギにあってしまう⦆思い込みの恐ろしさに改めて気を付けましょう。

意見交換会では、関係者との質疑応答で日常の疑問点、困ったこと、要望等、社会を明るくする身近な意見交換が行われました。

「社会を明るくする運動、馬絹地区ミニ集会」のお誘い

昨今、宮前区内は振り込めサギ犯に狙われています。ほとんどの人が〈自分は大丈夫〉と思っています。 ところがその手口は・・・担当警察官の事例を交えた生の話を聞いて、サギにあわないようにしましょう。

一人暮らし高齢者の食事会 – 子どもたちとふれ合う

6月20日、宮前地区会館に於いて「一人暮らし高齢者の食事会」が開催され、子どもたちとのふれ合いを楽しんでいました。

 

宮前第三地区社会福祉協議会では、馬絹・小台・大塚地域の一人暮らし高齢者を対象にした食事会を隔月で開催しております。宮前第三地区民生委員児童委員協議会・馬絹町内会・宮前区食生活改善推進員連絡協議会(ヘルスメイト宮前)の協力で、恒例の「一人暮らし高齢者の食事会」が、6月20日宮前地区会館に於いて60名あまりのお年寄りを招いて催されました。

当日は馬絹保育園の可愛いお子さんたちも駆けつけてくれて、元気な歌を聞かせてもらったり、ゲームなどで楽しいひと時を過ごしました。

その後、ヘルスメイト宮前のメンバーが調理した栄養のバランスの取れた出来立ての手料理を和気あいあいと食べながら、食事会を楽しんでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「第66回 社会を明るくする運動」

第66回社会を明るくする運動は宮前区長もご参加いただき、地域の犯罪について意見交換が行われました。

8月27日地区会館に於いて、宮前区推進委員長 小島聰の挨拶で始まった、第66回『社会を明るくする運動』ミニ集会、大勢の方々の参加、又、野本 宮前区長もかけつけていただき非常に盛況でした。

「今 宮前区馬絹地区に起きている犯罪は何」をメーンテーマに、事例を交えた、宮前警察署のお話が大変参考になりました。
意見交換会も行われ、地区の皆さんで情報を共有できました。

社会を明るくする運動式次第

委員長挨拶

区長挨拶

 

66th-shakai-undo4

66th-shakai-undo5

66th-shakai-undo6

「第66回社会を明るくする運動」馬絹地区ミニ集会のお誘い

この運動は、犯罪・非行について、地域で考え、犯罪・非行の生じない地域社会を目指すことが目的で、馬絹地区実施委員会(地区保護司会・民生児童委員会・馬絹町内会)が開催します。

  • 日時:平成28年8月27日 (土) 午後7時〜9時
  • 場所:宮前地区会館 第一・第二会議室
  • テーマ:「明るく住みよい町づくりをめざして」

~犯罪や非行のない安全・安心な馬絹を作るために~

【 今、宮前区馬絹地区に起きている犯罪は何? 】 – 宮前警察署 生活安全課

お話のあと、参加者による意見交換が行われます。
犯罪や非行の無い安全・安心な馬絹を作るために、是非ご一緒に参加しましょう。